オススメアイテム

【ランチ編】いますぐできる!簡単節約アイテム4選!

こんにちは、そたかです。

皆さんはランチにいくらお金をかけていますか?

 

私が働いていた時にランチの定番メニューは

  • ペットボトル
  • サラダ
  • おにぎり
  • ヨーグルト

この4つを買っていました。

 

ランチにかかるお金は実際いくらなのか、そのお金を節約するためにはどうしたらいいのか。

それを紹介したいと思います。

 

ランチの平均支出額

新生銀行が毎年行っている「サラリーマンのお小遣い調査」で、ランチの平均金額というのが発表されています。

2021年のランチの平均金額はこちらです。

  • 男性・・・649円
  • 女性・・・590円

 

今回は、平均として620円で計算してみます。

週5日ランチで1ヶ月(4週)だとすると、620円×5日×4週=12400円ものランチ代を支出していることになります。

 

私も会社員時代は、ランチ代を含めた自分のお小遣いを3万円としていました。

この12,400円。

節約できたら、年間148,800円もの節約ができるんです!

 

ランチを節約するにはお弁当が強い味方

同じく2021年の「サラリーマンのお小遣い調査」から見ると、男性の3割・女性の半数がお弁当を持参しているそうです。

そう思うと、お弁当を持参していない方は1,000円ほどランチ代を払っているのではないかと予想できます。

 

その1,000円、貯金や投資に回しませんか?

そのために、ズボラさんの味方のお弁当のアイテムを紹介します!

 

1、スープジャー

スープジャーは保温ができるので、温かいものは温かいままで。

冷たいものは冷たいままで食べる事ができます。

 

スープジャーを温めているうちに、鍋で簡単に作ったものを入れるタイプのレシピが主流です。

こちらの有賀薫さんのレシピ本はとても人気があるレシピです!

 

もちろんクックパッドなどを活用するものありだと思います。

夫はオートミールにお茶漬けの素をかけてお湯を入れて持っていっていますが、お昼でも熱々だそうです。

市販のスープの素に、お米やもち麦、オートミールなどを入れてお湯を注いで持っていくだけなら1分もかからない神アイテムですw

 

2、スープジャー専用ポーチ

このポーチがあるとないだとだいぶ違います。

このポーチがあるとお昼まで中身も冷めないで、暖かいまま食べる事ができます。

 

3、専用カトラリー(必要なら)

このスプーンだとポーチの横にポケットがついていて、刺す事ができます。

必ずこれでなくては!ということはないので、見た目から入るのが好きな人はこちらもオススメです。

 

スープジャー、カバー、カトラリーのセットでも購入できます!

500ml

400ml

カラーバリエーションも豊富で可愛いものもたくさんあります!

 

4、水筒

自宅からお茶などを入れて持っていくもよし、給湯室があるならそこでお茶を入れてもよし。

ペットボトルって高いんです。

コンビニでお茶を買うと150円、スーパーでも80円。

1ヶ月で3,000円〜1,600円です。

業務スーパーの緑茶のティーバッグ、40個入りで220円ほどでした。

週5日勤務で4週で2ヶ月分になりますね。

 

水筒を買っても1ヶ月から2ヶ月で確実に元が取れます!

サーモスで揃えるならこちら。

コスパ比較

サーモスのスープジャーのカバーとカトラリーセット、水筒を全て買ったとして7,898円。

最初に紹介した通り、サラリーマンのお小遣い調査からランチ平均金額を620円とすると・・・

週5日ランチで1ヶ月(4週)

620円×5日×4週=12400円

 

1ヶ月目から4,502円の支出を抑えることができます。

節約効果も高いし、効果が出るまでは早く、初期投資も低いオススメの節約方法です!

 

まとめ

ランチの平均支出金額は1日あたり620円。

これを抑えるために、スープジャーの簡単弁当始めませんか?

 

初期投資として、

  • スープジャー
  • 専用カバー
  • お好みで専用カトラリー
  • 水筒

この4つで8,000円弱!

 

ランチで1日620円使うと、1ヶ月12,400円の支出をしていることになります。

この支出、スープジャーの簡単弁当で抑えてみませんか。

 

支出も抑えられて、自炊で健康にもなれて最強のコスパです!

オススメ!!

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

テキストのコピーはできません。