オススメアイテム

ブリッジのお手入れのオススメアイテム

こんにちは、そたかです。

 

恥ずかしながら、私と虫歯は密な付き合いでして・・・

治療したことのない歯はないんじゃないかというくらいです。

そして、私の左下の歯にはブリッジが入っています。

 

ブリッジのケアの不十分から炎症を起こして大変な目に遭い、それをきっかけに歯科衛生士さんにケアの仕方を教えてもらったので、そちらをご紹介します。

 

ブリッジのケアにはProxy Soft 3 in 1 Flossがオススメ!

この商品はかかりつけの歯医者の歯科衛生士さんにオススメしてもらいました!

数本サンプルをいただいて、自分で使ってみてとても良かったのでAmazonで購入しています。

 

ブリッジの下には歯茎との間に隙間が開いています。

その隙間に通しやすいように先が固くなっていて、歯間ブラシが通る隙間があれば簡単に入れることができます。

 

入れたら、真ん中のふわふわの部分で背中を吹く時みたいにゴシゴシして抜き取ります。

これだけなんです!

 

しかも100本入って1,000円しないので毎日やっても3ヶ月以上使えます。

 

そもそもブリッジってなに?

ブリッジは歯の治療で、歯を根っこから抜かなくていけなくなってしまった人のために作られた義歯です。

隣の健康な歯にひっかけて、なくなってしまった部分の歯を本当に歯があるかのようにカモフラージュできます。

 

しかし、歯茎から出ているわけではないので少しだけ隙間があり・・・

やはりそこに汚れが溜まって、歯肉炎の原因になったりするのです。

 

私がブリッジのケアをするに至ったわけ

私の場合は、4ヶ月に一回検診していたのですが自分でブリッジの掃除はしていませんでした。

ブリッジを入れてから2回目の検診が終わって少しした後、歯に激痛が走りました。

痛み止めの薬を飲むほどに痛かったんです・・・

 

虫歯かなと思ったのですが、違う気がする。

  • 痛みに波がある(痛くない時もある)
  • 冷たいものはしみない
  • 熱いものはしみる
  • 痛みのある部分が移動する
  • 夜寝ている時が痛い

 

この症状で、虫歯で幾度となく歯医者に通っている私は違うんじゃないかと察したわけです。(自己判断で終わらせてはダメですよ!絶対かかりつけの歯医者に行ってくださいね!)

 

歯医者に行ってみると、やはり虫歯ではなく歯茎の炎症ではないかということでした。

そこでブリッジの下の掃除をしてもらうと、痛いし出血がひどい!!

やはり、ブリッジのケアをしなかったのが原因のようでした。

 

もちろんケアしてないって言ったらめちゃくちゃびっくりされましたよ。

 

口腔ケアにオススメグッズ

私の愛用しているのはこの3つです。

  • Proxy Soft 3 in 1 Floss
  • デンタルフロス
  • 歯間ブラシ

 

デンタルフロスは糸ようじに変えようと思っているのですが、いい商品にまだ出会えていないのでいい商品に出会えたらまた紹介しますね!

 

歯間ブラシはかかりつけの歯医者で購入しています。

使いやすく、ドラッグストアなどより安いので無くなると歯医者に買いに行ってますw

 

口腔ケアのやり方

1、普通に歯磨き

歯と歯茎の間をマッサージするように、歯1本1本を磨くつもりで細かく動かします。

 

2、デンタルフロス

歯の隙間の汚れを落とします。

 

3、歯間ブラシ

歯と歯の間の下の三角ポケットに歯間ブラシを差し込みます。

入らないところは無理矢理入れません。

歯茎が下がるから歯間ブラシが入るようになるそうで、30代でも入らない人もいるそうですよ。

 

「歯間ブラシが入るようになったら、そういうお年頃になったんだなと思ってください」

と言われましたw

ちなみに私は4分の3、歯間ブラシが入るお年頃ですw

 

ブリッジの歯と歯の間も入るので、そこも忘れずにやりましょう!

 

4、Proxy Soft 3 in 1 Floss

ブリッジの歯間ブラシが入りやすいところに、青い固くなっている先端を入れます。

反対側に抜けたら指で摘み、引っ張り真ん中のふわふわ部分で擦ります。

 

汚れがすごい取れます!

 

口腔ケアをすることで節約になる

口腔ケアをすることで虫歯にならずに、治療にお金をかけなくて良くなり節約につながります。

治療には1回1,000円以上のお金がかかり、何度も通わなくてはいけません。

詰め物をするようであれば、そのお金も必要になります。

 

ブリッジを入れるのには、型を取り、ブリッジを仮で入れ、1週間ほど様子見。

その後調整してきちんと固定、もう一度1週間後に点検・・・

私の場合は一度作り直しの期間があったので、2ヶ月以上かかり金額も15,000円以上はかかっています。

 

8020運動は知っていますか?

80歳までに20本の歯を残そうという運動なのですが、私は今これに憧れています。

自分の歯で食事をする人は、認知症になる確率も低く、健康でいられる率も高いそうです。

 

長生きするのであれば健康でありたいと思っていますのでこれからの人生は、口腔ケアに力を入れて、人生満喫したいです!

 

テキストのコピーはできません。